ホーム >情報セキュリティ基本方針

株式会社ハダ工芸社 情報セキュリティ基本方針

株式会社ハダ工芸社の情報セキュリティ目的は「常に安全で安心できるサービスを提供し、いつまでもお客様に信頼される企業」でありつづけることです。ゆえに「情報セキュリティ」が重要な社会的責務であることを認識します。 また情報化社会の健全な発展に寄与して行くため、あらゆる情報資産を厳格に管理、保護し、さらにお客様に真に信頼されるパートナー企業を目指すために「情報セキュリティ基本方針」を定め、関係者がこれを順守し、情報セキュリティの確立に全社を挙げて取り組むことを宣言します。

継続的活動

情報資産を適切に保護し、資産への不正な侵入、漏洩、消失、改ざん、破壊等の脅威や新たな脅威に対処するため、社内規定や情報セキュリティ対策を講じ、情報マネジメントシステムの継続的な実施、改善活動によりリスクを排除し、情報セキュリティを確立します。

組織的活動

「セキュリティ管理責任者」を任命するとともに、セキュリティ委員会を組織し、継続的に推進するための体制を整備構築し、必要な対策を迅速に実施できるよう積極的な活動を 行い、恒常的に情報セキュリティ維持活動に取り組みます。

リスクアセスメントの確立

部署別に情報資産を洗い出し、変化している周囲の状況、システム及び作業環境の変更、情報技術の変化等を考慮のうえ、リスク評価を定期的に見直し、適切なリスクアセスメン
トを実施します。

法令順守

情報を保護することは事業活動の基本であり、企業として重要な社会的責任であることを当社の社員、その他当社の業務において情報資産を取り扱う全ての者が十分認識し、関連 法規制、契約条件、社内規定などを順守します。これらに違反したものは、当社の社内規定に準じて罰則を課します。

啓発活動

社員に対して、情報セキュリティに関する啓発活動を継続的に実施するとともに、本基本方針ならびに関連諸規定に関する教育や監督を継続的に実施します。また、第三者への秘密保持契約の締結を図ると共に、契約相手に情報セキュリティに関し適切な指導、監督を実施します。

平成26年12月1日
株式会社 ハダ工芸社
代表取締役 波田 英次